一人暮らしで失敗しない部屋選び/引越し前に確認するべきポイントや部屋探しのコツ

防犯で考える部屋選びのポイント

一人暮らしの部屋を決める際、
防犯面で気をつけて欲しいことの中に、
空室だらけのアパートは選ばないほうが良い、
ということがあげられます。

 

 

なにかあった時に、大声をあげても入居者がいなければ
誰にも気づいてもらえない可能性が大きいですし、隣室の
目がないというのは、留守をしている時にも不安が残ります。

 

また、空き室に不法に入ってくる人がいるかもしれません。
それに、あまりにも空室が多い物件というのは、
やはり何かしらの理由があるものです。

 

とはいえ、あまり住人がいないほうが自分がたてる音に
神経質にならなくて良い、などの点もありますから、
これは自分の生活スタイルを考えて決めれば良いでしょう。

 

 

また、防犯のためには、1階よりも2階以上の階を
選んだ方がより安全性が高まります。

 

1階というのは、泥棒なども入りやすく、
また階段がないため、誰かに後をつけられた場合なども
気づきにくいという難点があります。

 

2階より3階、3階より4階の方がより安全性は高くなります。
高ければ高いほどゴキブリ等も出にくくなりますので防犯の他、
防虫効果もあり一石二鳥です。


TOP ゴキブリ対策