一人暮らしで失敗しない部屋選び/引越し前に確認するべきポイントや部屋探しのコツ

社会人の家賃の目安とその他に気をつける費用

不動産屋に行くと、良い物件がたくさんあります。

 

そして、当然ですが高いお金を出せば出すほど
物件は良いものになっていきます。

 

最初にしっかり予算を決めておかなければ、
なんとなく「このくらいなら払えるかな」とか、
「予定より1万円高いだけだから大丈夫かな」
となってしまいがちです。

 

なんとなく「○万円くらい」と思うだけではなく、
自分の生活のことをしっかりシミュレーションした上で
しっかりと予算建てをしましょう。

 

 

大体、一般的に言って、家賃の相場は
手取り月収の3割程度と言われています。

 

けれど、これから新社会人になる人など、
実際の手取りがいくらかわからない、
という場合もあるかと思います。

 

大卒初任給の推移によると、
おおよそ20万と少しというのが平均となっています。

 

 

ここから各種社会保険や税金がひかれたものが手取りとなります。
大体17万円程度だと思っていていいでしょう。

 

さらに、ボーナス額にもよりますが、社会人になって
2年目からは住民税が引かれることも念頭において考えておかないと
生活が苦しくなってしまいます。

 

社会人以外の学生の場合は、
親御さんが家賃を持つならしっかりと上限を決めましょう。

 

自分で払うからアルバイトをがんばればいいやと思っても、
実際やってみると学業との両立は難しいものですので、
余り高額なところはやめておいた方がいいです。


TOP ゴキブリ対策