一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

貯金と保険どっちが得?保険の考え方

保険に対する考え方は人それぞれです。

 

大げさに言えば保険に対する考え方は、
人生そのものに対する考え方とも言えるからです。

 

例えば、保険と貯蓄のメリットとデメリット。

 

25歳で月額3万円の生命保険に入って、
万が一の時に死亡保険金額3,000万円と
入院給付金日額10,000円の特約を付ける場合と、
毎月3万円の貯金をする場合の違いです。

 

 

万が一、
保険契約者が40歳で死亡した場合を考えると、
生命保険に入っていた場合は遺族は3,000万円の
保険金を受け取ることになります。

 

一方、貯蓄をした場合には、
40歳で540万円貯まっていますので、
遺族に残るお金は保険に入っていた方が多かったことになります。

 

 

しかし、当人が65歳の生命保険の満期まで元気だったとしますと、
保険に入っていた場合は満期保険金の500万円を受け取ります。

 

一方、貯蓄派は65歳で1,440万円貯まっていますから、
貯蓄派に軍配が上がります。

 

この様に人生に於いて万が一の場合を重視するのか、
資金効率を重視するのかは一概にどちらが得と言える問題ではありません。

 

大事なことは、一人暮らしを始めたり、結婚したり、子供が生まれた時などを
契機として、自分の人生プランをじっくり考えて見ることです。


TOP ゴキブリ対策