一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

どこが違う?傷害保険の費用が変わるポイント

傷害保険は代表的な損害保険の1つです。

 

傷害保険は交通事故や不慮の事故、
自然災害などでケガや後遺障害が残った場合の
通院・入院・死亡などに対して損害を補償する保険です。

 

 

傷害保険は病気による治療は対象になりませんので、
健康告知などの審査は一切ありません。

 

また、年齢によって保険料が変わることはありませんが、
被保険者の職業によって保険料が変わります。

 

例えば、とび職やタクシーの運転手の場合には、
一般の営業や事務職よりもケガのリスクが高いことから
保険料は割高になる訳です。

 

一人暮らしの方の場合も、
交通事故や不慮の事故、自然災害などに遭遇する
確率は同じですから保険に入る必要性は同じです。

 

 

通常の傷害保険の保険料は1年更新型で
毎月2,000〜3,000円程度からですから決して高い訳ではありません。

 

万が一交通事故などで後遺障害が出た場合などは、
自分の面倒を誰が見てくれるのか等のポイントを考えて
最低限の保障は確保しておきましょう。


TOP ゴキブリ対策