一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

一人暮らしに死亡保険は必要?死亡保険の考え方

一人暮らしの場合には、
必要な死亡保険金額は一概には言えません。

 

その方が亡くなった場合に
幾らのお金が必要になるかで決めなければならないからです。

 

 

例えば、一人暮らしの方の場合、
田舎に身寄りの無い母親が一人で暮らしている場合には
自分に万が一の場合は母親のための生活費を残す必要が出てきます。

 

また、家族は一人も居ないが事業を営んでいている場合、
万が一の場合は事業を整理する資金を残さなければなりません。

 

人それぞれ環境が違います。
自分に万が一の事があった場合どのくらいの金額が
必要になるのか、あったほうがいいのかは自分しかわかりません。

 

一度、時間を掛けてゆっくり考えてみましょう。

 

 

厚生年金や国民年金に加入している人が亡くなった場合は、
残された遺族に遺族年金が支払われます。

 

そのため、遺族年金を勘定に入れて計算しておくと良いでしょう。

 

自分の死後に必要な金額が解った場合は、
逆算して毎月の死亡保険金額を計算して貰えばよい訳ですが、
生活費の中から毎月の保険に充当できる金額を超えている
場合は無理に保険に入る必要はありません。


TOP ゴキブリ対策