一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

一人暮らしに死亡保険は必要?がん保険特約のメリット

日本人の3大死因はガン・心疾患・脳血管障害で、
ガンは20年以上死亡原因のトップになっています。

 

今後、高齢化の進展から益々この傾向は強まると予想されます。
そして、ガンは3大疾病の中では最も治療費が掛かります。

 

 

ある生命保険会社の調査による、
ガンの平均的な治療費の自己負担額は合計で
90万円〜200万円となっています。

 

また、平均入院日数は32日。

 

1ヶ月もの入院を要しますので、
差額ベッド代や健康保険適用外の先進医療費や
薬代が高額になってきます。

 

日本では厚生労働省の薬の承認に非常に時間が掛かります。

 

薬代が高額になってしまう理由には、
外国では健康保険適用になっている抗ガン剤が日本では
未承認薬というケースがあるからです。

 

 

ガンは治せる病気になってきましたが、
健康保険適用外の先進医療や新薬が高くなってしまいます。

 

しかし、ガン患者にとっては健康保険適用外でも、
効果のある薬は使いたい訳です。

 

ガン保険特約に入っていればその費用を抑えることができます。
ちなみに、ガン保険特約やガン保険は年齢が上がるに連れて
保険料が上がるため、若い内に加入しておくことをお奨めします。


TOP ゴキブリ対策