一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

差額ベッド代とは?入院時にかかる費用

平成22年度の生命保険文化センターの資料によると、
過去5年間に入院した人の1日当りの自己負担額を調べたところ、
平均で1日当り16,000円の自己負担となっています。

 

詳しく見てみると、
10,000円〜15,000円が23.3%、25,000円以上が20.1%。

 

この様な入院時の自己負担額の殆どは、
差額ベッド代と言われる病室代です。

 

 

大都市の有名病院に入院すると解りますが、
最初は6人部屋に入れられます。

 

6人部屋は病室代が無料ですが、それ以外だと

 

3人部屋が  5,000円
2人部屋が  10,000円
個室の場合 25,000円

 

程度の病院が多いようです。

 

通常の経済原則では無料の部屋が一番こみますが、
病院の場合は個室の希望者が一番多く無料の6人部屋は
直ぐに入れるのです。

 

 

その理由は、
医療保険の入院給付が付いた保険に入っている人が多いからです。
「病気の時くらいは保険が出るから高くても個室が良い」と言う訳です。

 

従って、入院給付の付いた医療保険は今や必需品と言えます。
中でも医療保険にガン保険の特約を付けたタイプが人気のようです。


TOP ゴキブリ対策