一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

定期型生命保険加入の注意点

生命保険の定期型保険とは、生命保険の保障期間が
一定期間に限定されている保険を意味します。

 

例えば、10年定期とか20年定期の様に、
生命保険を契約する時に保険の保障期間を選択することになります。

 

 

定期型生命保険は掛け捨て型が中心になり、
貯蓄性も無いため毎月の保険料は比較的安く抑えられています。

 

しかし、定期型生命保険が満期を向かえ、
その後、更新する必要性が出た場合には
毎月の保険料金がアップしてしまいます。

 

従って、定期型生命保険に加入する場合は、
将来の自分の生活水準や資金ニーズも含めて判断しなければなりません。

 

 

定期型生命保険が必要な世帯は小さな子供を抱えた世帯や、
世帯の中で収入は世帯主だけの様な世帯が多く見受けられます。

 

つまり、働き盛りですが貯蓄が十分ではなく、
世帯主に万が一の事があった場合に、
家族の生活が立ち行かなくなるような世帯です。

 

このような世帯では、子供が成人するまでの間は
特に大きな死亡保険が必要になります。


TOP ゴキブリ対策