一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

元々、生命保険は定期保険と養老保険のみでしたが、
平均寿命が延びるに従って人生を全うする前に
生命保険が満期を迎えてしまうことが問題となりました。

 

その結果、考え出されたのが終身保険です。

 

つまり、終身型生命保険は
生命保険の契約期間の終了がないタイプの
生命保険を意味します。

 

 

終身型生命保険は、保険料の一定割合は
将来の保険金の支払いのために積み立てられますから、
毎月の保険料は定期型生命保険に比べて割高になります。

 

その分、貯蓄性があるため解約払戻金が付きます。

 

子育てなどが終わり高額な死亡保険金が必要なくなった場合、
保険を解約し老後の生活のための年金保険や医療保険、
介護保険などに切り替えることもできます。

 

 

従って、終身型の生命保険は比較的生活に
余裕のある世帯向きの保険商品と言えます。

 

人生は常にいくつかの選択肢の中から、
自分の行く道を選ぶことになります。

 

生命保険に於いても、現在のニーズだけを満たすのが良いのか、
将来の余裕を今から考えるのかを選択しなければなりません。


TOP ゴキブリ対策