一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

加入に注意したい火災に効かない火災保険

地震保険に加入を考える前に、通常の損害保険会社の場合は
地震保険と火災保険の関係を理解しておく必要があります。

 

通常の火災保険の場合、地震を原因とする火災による損害や
地震により延焼した損害は補償の対象にはなっていません。

 

 

従って、地震保険に加入する場合は、
火災保険に加入した上で火災保険の付帯保険として
地震保険に加入することになります。

 

その前提で地震保険は、

 

地震・噴火・津波を原因とする
火災・損壊・埋没・流失による損害を補償します。

 

但し、地震保険の補償額は加入している
火災保険の補償額の半分までという制限があります。

 

例えば、火災保険の補償額が2,000万円の場合は、
地震保険の補償額の上限は1,000万円までです。

 

 

一方、ミニ保険会社の日本震災パートナーズ鰍フ
地震補償保険の場合は単独で加入することができます。

 

但し、補償額の上限は900万円ですから、
いずれの地震保険も決め手にはなりません。

 

従来の損害保険会社の地震保険とミニ保険会社の
地震補償保険を組み合わせる必要があります。

 

火災保険に入ったからといって
火災ならなんでも対応してくれると勘違いしないように
しっかりと覚えておきましょう。


TOP ゴキブリ対策