一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

共済の方が安くなる?共済保険の4つのメリット

共済保険にはメリットが3つあります。

 

1つ目は選択のしやすさ。
保障内容が定型パッケージ化された加入コースの中から
選択する方式となっていますので選び易いこと。

 

2つ目は掛け金の安さ。
掛け金は年齢や性別に関係なく
一律保障一律掛け金になっていることです。

 

従って、中高年で新たに加入する場合は掛金が割安になります。

 

 

3つ目のメリットは健康告知が簡単な点。

 

保険に比べて共済は加入時の健康告知項目が少なく簡潔で、
医師の診察が必要ない場合が大半です。

 

最後4つ目のメリットは配当金が多いこと。

 

共済保険は一定の地域や職場の組合員が
お互いに助け合って豊かで安心な社会を作ることを目的としていますから、
利益の殆どが割戻金として契約者に支払われます。

 

従って、1年間の利益から人件費などの
販売管理費を差し引いた残りを割戻金として加入者に支払うことができます。

 

一般的に、
共済保険の割戻金は年間掛け金に対して10%以上の割戻金を
支払っているところが多く、これは共済保険の大きなメリットです

 

 

特に一人暮らしの方にとっては、
死亡保険金額が少なくても割戻金が多い共済保険は、
大きなメリットになります。

 

何故なら、一人暮らしの方は、
自分が亡くなった後にお金を残すよりも
自分が生きている間に割戻金として受け取った方が良いからです。

共済の方が安くなる?共済保険の4つのメリット関連ページ

保険と共済の違い
共済保険のデメリット
大手共済・全国生協連とは?
大手共済・全労災とは?

TOP ゴキブリ対策