一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

大手共済・全労災とは?

全国生活協同組合連合会(全国生協連)に匹敵する
全国規模の大手共済が、

 

全国労働者共済生活協同組合連合会、
全労済です。

 

全労済は厚生労働省の認可を受け、
消費生活協同組合法によって設立された
営利を目的としない協同組合です。

 

全労済は労働組合の組合員の生協の全国レベルの組織で、
労働者の福祉事業をその活動の大きな目的の一つとして活動しています。

 

 

全労済の経営理念は
「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」
で、2007年9月には創立50周年となりました。

 

全労済の規模は、
平成22年3月末で累計加入者数は約3,504万件(-2.2%)となっています。

 

また1年間の掛け金の合計である総収入は約5,975億円で、
割戻金は約281億円ですから、一年間の掛け金に対する
割戻金の割合は約4.7%となります。

 

 

全労災の強みは自然災害共済や自動車総合共済や終身共済で、
団体生命共済や交通災害共済などが大幅な減少となっています。

 

労働組合の組合員数が右肩下がりで減少する傾向が続いてい
ることが、今後の経営課題と言えます。


TOP ゴキブリ対策