一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツと保険の話

保険会社とミニ保険会社の違い

従来の保険会社とミニ保険会社は制度上の大きな違いが有ります。

 

まず、従来の保険会社は免許制ですが、ミニ保険会社は登録制です。
最低資本金額は従来の保険会社が10億円ですが、
ミニ保険会社は1,000万円まで引き下げられました。

 

 

保険を考えている人には特に影響することではありませんが、
従来の保険会社の1/100の規模での経営が許されていますので、
ミニ保険会社は改正保険業法によって様々な規制が行われています。

 

例えば、
従来の保険会社の取り扱い商品は金額や期間等が無制限なのに対して、
ミニ保険会社は少額で短期の掛捨保険に限定されてること。

 

更に、ミニ保険会社の年間の保険料収入は
50億円以下の規模に留めることになっています。

 

また、従来の保険会社の運用は原則自由ですが、
ミニ保険会社の資産運用は銀行預金と国債運用に限定されています。

 

 

しかし、じゃあやめておいた方がいい
危険な保険なのかというとそんな事はありません。

 

契約者保護のための情報開示や募集規制・責任準備金、
検査や監督等については保険会社と同様の指導をしていますから、
ミニ保険会社の信頼性が従来の保険会社に大きく劣る事はありません。


TOP ゴキブリ対策